奈良・山辺の道(やまのべのみち) のんびりサイクリング


「山辺の道」は三輪から奈良へ通じる古道で、歴史に登場する道路のうちで最古の古道と記されています。
今回、三輪にある大神神社(おおみわじんじゃ)から奈良公園まで、約40キロをマウンテンバイクで走りました。

サイクリングの始まりはそうめん処から。
にゅうめんと柿の葉寿司をいただきました。
そうです。三輪そうめんで有名な三輪の御素麺です。やさしくて上品な味わいでツルッとお腹の中に納まりました。
柿の葉寿司の葉は薄っすら紅葉しており季節を感じます。



お腹を満たして、いざ出発!
山辺の道は山裾を縫うように道が走っており、起伏が多く、
石畳の道、土の道、山の中に入ると木の根っこがむき出しになっている個所もあります。

紅葉が真っ盛りだったので、ウォーキングの方が沢山おられました。驚ろかさないようにゆっくり走ったり押して歩いたり。
たまに話しかけたり、かけられたり。「どこからきたの?」とか「坂道きついね」とか。別れの際は「お気をつけて」と言い合って。

道を進んでいくと、ウォーキングの人もほとんどいなくなり、畑や民家があるのどかな風景が広がります。



山肌の紅葉が本当にきれいです。
道に沿って沢山の柿の木が生えています。さっき三輪で食べた柿の葉寿司、
あのさわやかな葉の香り、今見ている景色にほんとにぴったり。

途中、旅館を改装したお洒落なお茶屋さんで本格ピザを頂きました。
なんだか食べてばっかり。でも、美味しいものを逃すわけにはいきません。



寒桜と柿の木が一緒に植わっています。
桜といえば春のイメージが強いので、たいそう珍しいものを見た気になり、写真を何枚も撮りまくりました。
寒桜って秋の終わりに咲くのですね。



今回の最大の目的…
山辺の道では、色んな所で地元農家の方が農産物を販売しているのです。
椎茸、下仁田ネギをGET!
リュックに詰めこみます。ネギの穂先は収まらないのではみ出したまま。



白河溜池(白川ダム)を過ぎると、いよいよ終盤。
まだ16時を過ぎたところでしたが、あたりはうす暗くなってきました。
ライトを点けて走ります。
奈良公園に入ると車と観光客でごった返しているので、気を引き締め注意して走りました。
所々でシカを見かけました。奈良と言えばシカ。実際見ると嬉しいものですね。

11時頃に三輪をスタートして、奈良公園は17時頃に着きました。
何度も休憩しながら、いっぱい食べてのんびり走って。
今年最後のサイクリング、良い思い出になりました。



この日の気温は15度程度、晴天で風もなく穏やかな一日でした。
のんびりサイクリング、いっぱい食べる&人ごみや街中もはしるとのことで、
存在をアピールするためトップスは派手目に、長時間のんびり走るのでボトムスは締め付けすぎないものにしました。
トップスのストラーダは薄手なので、もう一枚ウィンドブレーカーを持っていきましたが、道中ほとんど使うことはありませんでした。 お店に入った時や、日が暮れて気温が下がり始めたときに着ましたので、持って行って良かったと思います。念のため持って行った裏フリースのアウターは使うことはありませんでした。
ボトムスのクールウェザーには私のお気に入りのFlex Airパッドが付属しており、通気性も良く適度に圧迫を軽減してくれます。生地も締め付けすぎずなので、長時間ののんびりライドでも快適でした。足首まであるので、冷え対策にもなりました。
冷え性なので、足元に自前の厚手のウールソックスを履いています。そのおかげか、最後まで冷えを感じませんでした。

                                             by Hana

着用ウェア:

・ストラダジャージ クィーンアン S size
・クールウェザータイツ BK S size
・ストレッチミニ BK S size
・フルフィンガー S size (着用分は完売)
筆者の身長は151cm

レディースサイクルウェア は TERRY
レディースカジュアルサイクルウェアはロコゴワ