オランダ旅行記②(全4回) 自転車が交通の中心になるように計画的に作られた街Houten (ハウテン)

ams2-1

ハウテンはオランダ第4の都市ユトレヒト郊外にあり、自転車が交通の中心になるように計画的に作られたベッドタウンです。

街をくるりと囲む環状道路は一周約14キロ。車は最寄りの出入口から入れるようになっています。
車は街中を通る事ができないので、街の端から端へ行くには、一度環状道路に出てからになります。

街には駅が二つ。駅前はタクシーや業務用車両以外は進入禁止になっています。
住民は車を持っていますが、街の外に出るときに使うようです。

街中に自転車道が張りめぐらされ、最短距離で駅やショッピングエリアに行けるようになっています。

ams2-2
地図にあるグレーの道は車道。街の周りを囲んでいます。

街の中を縦横に走る赤、青、緑、オレンジ、水色などの道はすべて自転車専用道路です。

ams2-3ams2-4
訪れたのは日曜日の夕方近く。人はあまりいません。
駅前でレンタサイクルを借りて、ぶらぶらサイクリングをしました。

公園や庭先では子供たちが遊んでいます。
犬を連れて散歩に出ている人もいました。
のんびりした空気が流れています。
ams2-6ams2-7
街の中に大きな湖。
オランダには山がなく低い土地が多いので、こういった湖がたくさんあります。

人懐っこい猫ちゃんに会いました。
この環境なら猫ちゃんも安心して暮らせますね。
ams2-8and9
街の外にある自転車道。
牛が放牧されているのどかな風景が続きます。

カウル付リカンベントがゴーっと大きな音をたてながら走り去っていきました。
この直線距離の長い道。とっても気持ちよさそうです。
ams2-10ams2-11

ユトレヒトにも近く、多くの緑に囲まれたこの町は、特にファミリー層に人気のようです。
駅前にはスーパーや商店が充実していて日用品の買い物の不便さはありません。

車が少ないので、安心して子供を外に出すことができますし、家族でゆったりした生活を送ることができそうですね。

アムステルダムには美術館やお洒落なカフェなど魅力的なスポットが沢山あり楽しい暮らしができそうですが、ハウテンは自然に囲まれてゆったりと暮らせそうです。悩ましい選択・・・私の中で妄想が広がります。
ams2-5
                              By Hana

 
 
- 過去の投稿 -
>> オランダ旅行記①(全4回) 首都アムステルダムの自転車事情